二次会の幹事を頼まれたら

仲の良い友人の結婚が決まった時、まるで自分のことのように
嬉しい気持ちになる方も多いでしょう。

一方で、「二次会の幹事を頼まれたらどうしよう・・・」
予感的中、本当に頼まれた、という方も多いのではないでしょうか。

ここはポジティブに、
新郎新婦は自分を信頼して選んでくれたんだ、思うことです。
そして、自分の株を上げるチャンスだ!と考えてみましょう。
こんなチャンスはめったにありませんよ。

特に横浜(クルージング)などだと、それだけで興味深々、
期待して出席するゲストが多いかもしれません。

まずは、基本的に「自分ですべて仕切りたい」と伝えましょう。
サポートしてくれる友達は数人いるかもしれません。
でも、メニューごとに分担をしてしまうと、まとまりの無い感じになりますし
トップが不在という不安感を与えてしまいます。

また、話し合い中に、仕切りたがる人が出てきたり
やりたいことにこだわる人が現れたりしたら
潔く幹事を降りることも考えましょう。
もめ事に発展してしまうのは避けたいですからね。

ボランティアで楽しく新郎新婦を盛り上げたい、という気持ちは皆一緒です。
「誰のための二次会なのか」を肝に銘じましょう。

最後に、「利益を挙げて還元」などと思わないこと。
あくまでも奉仕でやっていること、と割り切りましょう。
気を使い、疲労がたまるかもしれませんが
それ以上にあなたに返ってくる物があるはずです。
あなたの評判は上々。友達が増えるかもしれませんよ。

MENU
リンク